メンバー紹介

  • 特任講師

    本田 郁子

    プロフィール

    博士(理学)
    1997年 東北大学理学部生物学科卒業
    1999年 東京大学大学院総合文化研究科 修士課程修了
    2002年 名古屋大学大学院理学研究科 博士課程満期退学
    2002年 ERATO/SORST 楠見膜組織能プロジェクト研究員(名古屋大)
    2005年 ICORP 膜機構プロジェクト研究員(京都大)
    2010年 日本学術振興会RPD特別研究員(東京医歯大)
    2012年 東京大学医学部MD研究者育成プログラム室 助教
    2018年 東京大学大学院医学系研究科 特任講師

    原著論文

    High-speed single-molecule imaging reveals signal transduction by induced transbilayer raft phases. Koyama-Honda I, Fujiwara TK, Kasai RS, Suzuki KGN, Kajikawa E, Tsuboi H, Tsunoyama TA, Kusumi A. J Cell Biol. 219(12):e202006125. 2020
    Modeling Membrane Morphological Change during Autophagosome Formation. Sakai Y, Koyama-Honda I, Knorr L. R, Mizushima N. iScience 23, 9, 101466, 2020. 紹介ページ
    Development of a Series of Practical Fluorescent Chemical Tools To Measure pH Values in Living Samples. Takahashi S, Kagami Y, Hanaoka K, Terai T, Komatsu T, Ueno T, Uchiyama M, Koyama-Honda I, Mizushima N, Taguchi T, Arai H, Nagano T, Urano Y. J Am Chem Soc. 9;140(18):5925-5933 2018.
    Differential requirement for ATG2A domains for localization to autophagic membranes and lipid droplets. Tamura N, Nishimura T, Sakamaki Y, Koyama-Honda I, Yamamoto H, Mizushima N. FEBS Lett. 591(23):3819-3830 2017. 紹介ページ
    ATG conjugation-dependent degradation of the inner autophagosomal membrane is a key step for autophagosome maturation. Koyama-Honda I, Tsuboyama K, Mizushima N. Autophagy 2017 Jul 3;13(7):1252-1253.
    The ATG conjugation systems are important for degradation of the inner autophagosomal membrane. Kotaro Tsuboyama*, Ikuko Koyama-Honda* (equal contribution), Yuriko Sakamaki, Masato Koike, Hideaki Morishita, and Noboru Mizushima. Science, 2016 25 Nov. 紹介ページ
    Ultrastructural analysis of autophagosome organization using mammalian autophagy-deficient cells. Kishi-Itakura C, Koyama-Honda I, Itakura E, Mizushima N. J Cell Sci. 2014 Jul 22. pii: jcs.156034. [Epub ahead of print] 紹介ページ
    Temporal analysis of recruitment of mammalian ATG proteins to the autophagosome formation site. Koyama-Honda I, Itakura E, Fujiwara TK, Mizushima N. Autophagy 2013 Jul 10;9(10). [Epub ahead of print] 紹介ページ
    Structures containing Atg9A and the ULK1 complex independently target depolarized mitochondria at initial stages of Parkin-mediated mitophagy. Itakura E, Kishi-Itakura C, Koyama-Honda I, Mizushima N. J Cell Sci. 125(6):1488-99(2012) 紹介ページ
    Full characterization of GPCR monomer-dimer dynamic equilibrium by single molecule imaging. Kasai RS, Suzuki KG, Prossnitz ER, Koyama-Honda I, Nakada C, Fujiwara TK, Kusumi A. J Cell Biol. 192(3):463-80 (2011)
    Fluorescence imaging for monitoring the colocalization of two single molecules in living cells. Koyama-Honda I, Ritchie K, Fujiwara T, Iino R, Murakoshi H, Kasai RS, Kusumi A. Biophys J. 88(3):2126-36 (2005)
    Single molecule imaging of GFP in living cells: E-cadherin forms oligomers on the free cell surface. Iino R, Koyama I, and Kusumi A. Biophys J. 80:2667-2677 (2001)

    総説論文

    境祐二、小山-本田郁子 「オートファゴソーム形成の物理モデル」 医学のあゆみ 272(9), 758 - 762, 2020
    小山-本田郁子「哺乳類細胞におけるオートファジー分子機構」 BIO Clinica「オートファジーと疾患」 (2018) 北隆館
    小山-本田郁子, 水島昇「哺乳類細胞におけるオートファゴソーム成熟の分子機構」 オートファジー 分子メカニズムの理解から病態の解明まで 第5章 (2017) 南山堂
    小山-本田郁子, 坪山幸太郎,水島昇「ATG結合系はオートファゴソーム内膜の分解に 重要である」 実験医学 35(4) 586-588 (2017) 羊土社
    小山-本田郁子, 水島昇「オートファジーを蛍光で観る」 週刊医学の歩み 「生命現象を観る」第262巻5号(2017)医歯薬出版
    本田郁子 「蛍光顕微鏡を用いたオートファジー解析」 Dojin Bioscience 04オートファジー 水島昇、吉森保 編 化学同人 15章 201-9(2012)
    Hierarchical organization of the plasma membrane: investigations by single-molecule tracking vs. fluorescence correlation spectroscopy. Kusumi A, Shirai YM, Koyama-Honda I, Suzuki KG, Fujiwara TK. FEBS Lett. 584(9):1814-23 (2010)
    小山-本田郁子 「1分子追跡による2分子共局在検出」 非侵襲・可視化技術ハンドブック-ナノ・バイオ・医療から情報システムまで 第8章 第3節 798-804 NTS (2007)
    小山‐本田郁子、楠見明弘  「1分子追跡によって細胞のナノシステムを解く」 光学 35 巻 76-82 (2006)
    Molecular dynamics and interactions for creation of stimulation-induced stabilized rafts from small unstable steady-state rafts. Kusumi A, Koyama-Honda I, Suzuki K. Traffic. 5(4):213-30 (2004)
    小山郁子 「2色蛍光同時1分子観察像の重ね合せ方法と,細胞膜の表裏カップリング」  バイオイメージングでここまで理解る 楠見明弘、小林剛、吉村昭彦、徳永万喜洋 編集 実験医学別刷 20(5) 54-60羊土社 (2003)
    小山郁子、楠見明弘  「蛍光顕微鏡によるタンパク質の細胞内局在と動態の観察」  ポストシークエンスタンパク質科学実験法 第III巻 大島泰郎、鈴木紘一、藤井義明、村松喬 編 東京化学同人 24-38 (2002)
    飯野亮太、小山郁子  「GFP融合タンパク質1分子の生細胞中での可視化解析」  細胞工学 20 691-696 (2001) 羊土社
    東京大学大学院医学系研究科・医学部男女共同参画委員会 エッセイ
    実験医学2018年5月号 Opinion研究の現場から

    受賞歴

    Excellent Poster Awards, EMBO Workshop Membrane shaping and remodeling by proteins (2019)
    東京大学医学部 平成28年度Best Teacher’s Award (2017)

    オートファゴソームについての残された謎を解きたいと思っています。

メンバー紹介一覧にもどる

ページトップへ戻る

Mizushima Lab