People

  • Project Academic Support Specialist

    Keiko Igarashi

    Profile

    1999年 神戸大学医学部付属病院 病理部
    2002年 神戸掖済会病院 臨床検査科
    2006年 神戸大学大学院医学系研究科 外科病理学分野
    2007年 大阪府済生会中津病院 臨床検査科(病理)
    2009年 東京大学医科学研究所 人癌病因遺伝子分野
    2013年 国立がん研究センター研究所 分子病理学分野
    2014年 国立がん研究センター研究所 がんゲノミクス分野
    2015年 国立がん研究センター中央病院(治験コーディネーター)
    2018年 東京大学医学系研究科 分子生物学分野

    Results

    Comprehensive mutation profiling of mucinous gastric carcinoma. Rokutan H, Hosoda F, Hama N, Nakamura H, Totoki Y, Furukawa E, Arakawa E, Ohashi S, Urushidate T, Satoh H, Shimizu H, Igarashi K, Yachida S, Katai H, Taniguchi H, Fukayama M, Shibata T. J Pathol. 2016 Oct;240(2):137-48.
    NRF2 Intensifies Host Defense Systems to Prevent Lung Carcinogenesis, but After Tumor Initiation Accelerates Malignant Cell Growth. Satoh H, Moriguchi T, Saigusa D, Baird L, Yu L, Rokutan H, Igarashi K, Ebina M, Shibata T, Yamamoto M. Cancer Res. 2016 May 15;76(10):3088-96.
    Adhesion molecule CADM1 contributes to gap junctional communication among pancreatic islet α-cells and prevents their excessive secretion of glucagon. Ito A, Ichiyanagi N, Ikeda Y, Hagiyama M, Inoue T, Kimura KB, Sakurai MA, Hamaguchi K, Murakami Y. Islets. 2012 Jan-Feb;4(1):49-55.
    Advantage of absorbable suture material for pulmonary artery ligation. Mimae T, Hirayasu T, Kimura KB, Ito A, Miyata Y, Okada M. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2010 Oct;58(10):511-5.
    CXC chemokine receptor 4 expressed in T cells plays an important role in the development of collagen-induced arthritis. Chung SH, Seki K, Choi BI, Kimura KB, Ito A, Fujikado N, Saijo S, Iwakura Y. Arthritis Res Ther. 2010;12(5):R188.
    Expression of a soluble isoform of cell adhesion molecule 1 in the brain and its involvement in directional neurite outgrowth. Hagiyama M, Ichiyanagi N, Kimura KB, Murakami Y, Ito A. Am J Pathol. 2009 Jun;174(6):2278-89.
    乳腺腺筋上皮腫(adenomyoepithelioma)の1例. 木村 恵子 , 横崎 宏. 日本臨床細胞学会雑誌 46(3), 182-183, 2007-05-22.
    伊藤 彰彦, 木村 恵子 「レーザーマイクロダイセクションによる組織・病変内の細胞からの核酸抽出」 新遺伝子工学ハンドブック改訂第5版 岡崎康司、山本雅、村松正實 編集. 実験医学別冊 第1章2 23-27羊土社(2010).

    奇想天外な研究者の要望に応えられるように日々精進して参ります。

  • Project Academic Support Specialist

    Nozomi Sato

    Profile

    2005-2012 東京大学医科学研究所システム疾患モデル研究センター
          分子病態研究分野(学術支援専門職員)
    2013-2017 東京大学医学系研究科分子生物学分野(技術補佐員)
    2017- 東京大学医学系研究科分子生物学分野(学術支援専門職員)

    仕事内容:マウス、ゼブラフィッシュ

Return to the People list

Go back to page TOP

Mizushima Lab