メンバー紹介

  • 客員研究員

    森下 英晃

    プロフィール

    2007年 九州大学医学部卒業
    2009年 国立国際医療研究センター初期臨床研修修了(内科系コース)
    2010年 日本学術振興会特別研究員
    2013年 東京医科歯科大学大学院博士課程修了(医学博士)
    2013年 東京大学大学院医学系研究科特任研究員
    2016年 東京大学大学院医学系研究科助教
    2017年-2020年 ERATO「水島細胞内分解ダイナミクスプロジェクト」 生理機能解析グル-プ グループリーダー
    2019年-2020年 東京大学医学部 非常勤講師
    2019年- 東京大学大学院医学系研究科 客員研究員
    2019年- 順天堂大学大学院医学研究科 講師

    原著論文

    Monitoring autophagic activity in vitro and in vivo using the GFP-LC3-RFP-LC3dG probe. Eguchi T, Morishita H, Mizushima N. Springer Nature (in press)
    Genome-wide CRISPR screening reveals nucleotide synthesis negatively regulates autophagy. Mimura K, Sakamaki J, Morishita H, Kawazu M, Mano H, Mizushima N. J Biol Chem 2021 May 14;100780.
    Organelle degradation in the lens by PLAAT phospholipases. Morishita H* (*co-corresponding authors), Eguchi T, Tsukamoto S, Sakamaki Y, Takahashi S, Saito C, Koyama-Honda I, Mizushima N*. Nature. 2021 Apr;592(7855):634-638. 紹介ページ  オートファジーフォーラムでの紹介記事  Natureの"News and views"に取り上げられました。  Dev. Cellの"Spotlight"に取り上げられました。  Faculty Opinions (旧Faculty of 1000)に取り上げられました。
    Evolution and insights into the structure and function of the DedA superfamily containing TMEM41B and VMP1. Okawa F*, Hama Y*, Zhang S* (* equally contributed), Morishita H, Yamamoto H, Levine TP, Mizushima N. J Cell Sci. 2021 Mar 26:jcs.255877.
    No air without autophagy: autophagy is important for lung and swim bladder inflation. Morishita H, Kanda Y, Mizushima N. Autophagy. 2021 Feb 8:1-2.
    Guidelines for the use and interpretation of assays for monitoring autophagy (4th edition) Klionsky DJ, Morishita H, et al. Autophagy. 2021 Jan;17(1):1-382.
    Autophagy is required for maturation of surfactant-containing lamellar bodies in the lung and swim bladder. Morishita H, Kanda Y, Kaizuka T, Chino H, Nakao K, Miki Y, Taketomi Y, Guan J-L, Murakami M, Aiba A, Mizushima N. Cell Rep 2020 Dec 8; 33, 108477 紹介ページ
    A critical role of VMP1 in lipoprotein secretion. Morishita H, Zhao YG, Tamura N, Nishimura T, Kanda Y, Sakamaki Y, Okazaki M, Li D, Mizushima N. eLife 2019 Sep 17;8. pii: e48834. 紹介ページ
    Diverse Cellular Roles of Autophagy. Morishita H* (*co-corresponding authors), Mizushima N* Annu Rev Cell Dev Biol 2019 Jul 5
    Genome-wide CRISPR screen identifies TMEM41B as a gene required for autophagosome formation. Morita K, Hama Y, Izume T, Tamura N, Ueno T, Yamashita Y, Sakamaki Y, Mimura K, Morishita H, Shihoya W, Nureki O, Mano H, Mizushima N. J Cell Biol, 2018, Nov 5;217(11):3817-3828
    Autophagy is essential for hearing in mice. Fujimoto C, Iwasaki S, Urata S, Morishita H, Sakamaki Y, Fujioka M, Kondo K, Mizushima N, Yamasoba T. Cell Death Dis 2017 May 11;8(5):e2780.
    A new probe to measure autophagic flux in vitro and in vivo. Morishita H, Kaizuka T, Hama Y, Mizushima N. Autophagy 2017 Apr 3;13(4):757-758.
    An autophagic flux probe that releases an internal control. Kaizuka T*, Morishita H* (* co-first authors), Hama Y, Tsukamoto S, Matsui T, Toyota Y, Kodama A, Ishihara T, Mizushima T, Mizushima N. Mol Cell 2016 Nov 17;64(4):835-849. 紹介ページ
    The ATG conjugation systems are important for degradation of the inner autophagosomal membrane. Tsuboyama K*, Koyama-Honda I* (equal contribution), Sakamaki Y, Koike M, Morishita H, Mizushima N. Science 2016 Nov 25;354(6315):1036-1041. 紹介ページ
    Autophagy in the lens. Morishita H, Mizushima N. Exp Eye Res 2016 Mar;144:22-8.
    Deletion of autophagy-related 5 (Atg5) and Pik3c3 in the lens causes cataract independent of programmed organelle degradation. Morishita H, Eguchi S, Kimura H, Sasaki J, Sakamaki Y, Robinson ML, Sasaki T, Mizushima N. J Biol Chem 2013 Apr 19;288(16):11436-47. 紹介ページ
    Fra-1 negatively regulates lipopolysaccharide-mediated inflammatory responses. Morishita H, Saito F, Kayama H, Atarashi K, Kuwata H, Yamamoto M, Takeda K. Int Immunol 2009 Apr;21(4):457-65.
    IkappaBNS inhibits induction of a subset of Toll-like receptor-dependent genes and limits inflammation. Kuwata H, Matsumoto M, Atarashi K, Morishita H, Hirotani T, Koga R, Takeda K. Immunity 2006 Jan;24(1):41-51.

    総説論文

    森下英晃、小松雅明 「肝臓におけるオートファジーの生理的・病態生理的意義」 肝胆膵 82(4), 577-584, 2021
    森下英晃 「オートファジー関連因子の非オートファジー機能」 医学のあゆみ 272(9), 737-744, 2020
    森下英晃、水島昇 「哺乳動物におけるオートファジーの生理機能」 実験医学 35(15), 2580-2593, 2017
    森下英晃、水島昇 「オートファジーの活性を簡便かつ定量的に測定できる新規プローブの開発」 日本白内障学会誌 29, 85, 2017
    森下英晃、濱祐太郎、水島昇 「オートファジー活性の簡便かつ定量的な測定法」 実験医学 35(8), 1359-1365, 2017
    森下英晃、水島昇 「オートファジー関連神経変性の分子基盤とモデル動物」 最新医学 72(2), 184-192, 2017
    森下英晃、水島昇  「オートファジーと老化」 日本臨牀 特集「老化制御と疾患」74(9) 1461-1466, 2016
    森下英晃、西村多喜、水島昇  「SENDA/BPANとオートファジー」 神経内科 83(2) 156-161, 2015
    森下英晃, 水島昇 水晶体におけるオートファジーの生理的意義 日本眼科学会雑誌 119 26, 2015
    森下英晃、水島昇  「水晶体におけるオートファジーの生理的意義と白内障との関連」 日本白内障学会誌 26(1) 30-32, 2014
    森下英晃、水島昇 「オートファジーと老化・寿命」 実験医学 31(20) 3225-3231, 2013
    森下英晃、水島昇 「生体恒常性維持システムとしてのオートファジー」 先端医療NAVIGATOR, 79-82, 2013
    森下英晃, 水島昇 オートファジーとアンチエイジングUPDATE アンチ・エイジング医学 9(3) 406 - 413, 2013
    森下英晃, 水島昇 細胞の分子構造と機能―核以外の細胞小器官 6.ファゴソーム オートファジーの制御機構と生理機能 生体の科学 63(5) 474 - 477, 2012
    森下英晃, 水島昇 オートファジーと疾患 Med Pract 29(4) 690 - 691, 2012
    森下英晃、水島昇  「リソソーム」  脳科学辞典 2012 (担当編集者:大隅典子)
    森下英晃, 桑田啓貴, 竹田潔 TLRと炎症反応制御 (特集 自然免疫研究:TLRから次のステージへ) 細胞工学 25(7) 769 - 772, 2006

    受賞歴

    第33回日本白内障学会 学術賞(2021年5月)
    第72回日本細胞生物学会大会 若手優秀発表賞 (2020年6月)
    9th International Symposium on Autophagy Poster Award (2019年11月)
    第58回日本白内障学会総会・第45回水晶体研究会 優秀演題賞(2019年7月19日)
    第11回炎症・脂質代謝・メタボリサーチフォーラム Young Investigator Award (2017年3月4日)
    第9回オートファジー研究会 若手ベストポスター賞(2015年11月17日)
    第87回日本生化学会大会 若手優秀発表賞 (2014年10月15-18日)
    第39回水晶体研究会 優秀演題賞 (2013年1月12-13日)
    6th International Symposium on Autophagy Poster Award (Oct 28 - Nov 1, 2012)
    第8回九州大学生体防御医学研究所リトリート ベストポスター賞(2005年11月)

    順天堂大学CO-COREインタビュー「生体内における多様な細胞内分解現象のメカニズムを解明し、疾患の理解・治療への貢献を目指す」
    Mol Cell誌での自己紹介記事(Meet the author)
    研究者情報(reseach map)

    臨床研修において難治性疾患の治療困難性を痛感し、基礎医学の道に進みました。 マウスやゼブラフィッシュを用いて、個体レベル(in vivo)での分子細胞生物学的研究を進めています。

    競争的資金等の研究課題

    2020-2023 基盤研究B 多様な選択的オートファジーの分子基盤と生理機能の解明
    2018-2020 若手研究 ゼブラフィッシュを用いたオートファジー関連因子群の生理機能の解明
    2017-2019 新学術領域研究 オートファジーによる脳神経変性疾患の抑制メカニズムの解明
    2016-2018 研究活動スタート支援 マウスとゼブラフィッシュを用いた水晶体オルガネラ分解機構の解明

メンバー紹介一覧にもどる

ページトップへ戻る

Mizushima Lab