特任研究員

  • 特任研究員

    濱 祐太郎

    プロフィール

    【学歴】
    2015年 東海大学 工学部 生命化学科 卒業
    2017年 東京大学 大学院医学系研究科 医科学専攻 修士課程 修了
    2017年 東京大学 大学院医学系研究科 分子細胞生物学専攻 博士課程 入学
    2021年 東京大学 大学院医学系研究科 分子細胞生物学専攻 博士課程 修了

    【職歴】
    2018-2021年 日本学術振興会特別研究員DC1
    2021年~ 東京大学 大学院医学系研究科 分子細胞生物学専攻 特任研究員

    高い活性で終わりながらにして始まりつつ、オートファジーの活性と始まりを研究しています。

    原著論文

    Evolution and insights into the structure and function of the DedA superfamily containing TMEM41B and VMP1. Okawa F*, Hama Y*, Zhang S*, Morishita H, Yamamoto H, Levine TP, Mizushima N. (* equally contributed) J Cell Sci. 2021 Mar 26:jcs.255877.
    SQSTM1L341V variant that is linked to sporadic ALS exhibits impaired association with MAP1LC3 in cultured cells. Nozaki M, Otomo A, Mitsui S, Ono S, Shirakawa R, Chen Y, Hama Y, Sato K, Chen X, Suzuki T, Shang HF, Hadano S. eNeurologicalSci. 2020 Nov 30;22:100301.
    TMEM41B functions with VMP1 in autophagosome formation. Morita K, Hama Y, Mizushima N. Autophagy 2019 May;15(5):922-923
    Genome-wide CRISPR screen identifies TMEM41B as a gene required for autophagosome formation. Morita K, Hama Y, Izume T, Tamura N, Ueno T, Yamashita Y, Sakamaki Y, Mimura K, Morishita H, Shihoya W, Nureki O, Mano H, Mizushima N. J Cel Biol 2018, 217(11):3817-3828
    A new probe to measure autophagic flux in vitro and in vivo. Morishita H, Kaizuka T, Hama Y, Mizushima N. Autophagy 2017, Apr 3;13(4):757-758.
    An Autophagic Flux Probe that Releases an Internal Control Kaizuka T*, Morishita H* (* equally contributed), Hama Y, Tsukamoto S, Matsui T, Toyota Y, Kodama A, Ishihara T, Mizushima T, Mizushima N. Mol. Cell 2016, Nov 17;64(4):835-849.

    総説論文

    第29章 オートファジー関連薬剤 濱 祐太郎, 森下 英晃, 水島 昇. 決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック(羊土社). 2019 444-451.
    オートファジー活性の簡便かつ定量的な測定法 森下 英晃, 濱 祐太郎, 水島 昇.  実験医学, Vol.35 No.8 (5月号). 2017 1359-1365.

メンバー紹介一覧にもどる

ページトップへ戻る

Mizushima Lab